スターウォーズスカイウォーカーの夜明け

(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 

ツイッター投稿の平均感想評価【3】

スターウォーズ・スカイウォーカーの夜明けは、1977年のシリーズ1作目から語られてきたスカイウォーカー家の物語にスポットを充てた三部作の三作目。そして今作は、そのスカイウォーカー家のエピソードが完結するというところが最大の見所です。

この記事では、そんな本作を鑑賞した人がツイッターに投稿した感想をまとめていきます。
「ダークでシリアスなスターウォーズだった」といった感想や「めちゃくちゃ泣いた!」という人もいれば「30分で映画館から離脱した」という人もいるので評価としては賛否両論ですが、総合的な評価としては高い方だと思います。
という事でまずはあらすじから見ていきましょう。

映画の概要
タイトル スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け
公開日 2019年12月20日
監督 J・J・エイブラムス
キャスト デイジー・リドリー(レイ)
アダム・ドライバー(カイロ・レン)
ジョン・ボイエガ(フィン)
オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)
マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)
キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)
ビリー・ディー・ウィリアムズ(ランド・カルリジアン)
ルピタ・ニョンゴ(マズ・カナタ)
ドーナル・グリーソン(ハックス将軍)
ケリー・マリー・トラン(ローズ・ティコ)
ヨーナス・スオタモ(チューバッカ)
アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)
ビリー・ロード(コニックス)
ケリー・ラッセル
ナオミ・アッキー
リチャード・E・グラント
イアン・マクダーミド
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あらすじ(ネタバレなし)

フォースの覚醒でメガホンを取ったJ・J・エイブラムスが監督を務め、スターウォーズ三部作目の完結編となる本作。スカイウォーカー家を中心とした物語が幕を閉じる作品となっています。伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカーの想いを引き継いだ『光』のレイと、祖父であるダース・ベイダーの遺志を受け継いだ『闇』のカイロ・レン。壮大な戦いは多くのキャラクターを巻き込んでいきます。おなじみのR2-D2はもちろん、C-3PO、BB-8や、ハン・ソロのライバルであるランド・カルリジアンまでもが登場。完結編の思わぬ展開とダークサイドなストーリーが見所の作品です。

SNS(ツイッター)の感想まとめ

ツイッターでは意外にも低評価をチラホラ見かけました。
ストーリーがつまらないという人もいれば、J・J・エイブラムスがダメ、というレビューも見受けられました。けど高評価の方が圧倒的に多いです。
それでは早速まとめていきます。

※ネタバレなし

https://twitter.com/iampoor_tp/status/1207897746826391553

https://twitter.com/taruham/status/1208029953687576576

https://twitter.com/Shape19xx/status/1207987065008218112

https://twitter.com/924bbwj/status/1207934790801838082

https://twitter.com/ef_ojh/status/1207964019023204353

スポンサーリンク

スターウォーズ終了

ツイッターの感想で「終わった!」「衝撃の展開!」「42年間ありがとう」といった声がある一方、「つまらない」といった低評価もそこそこありました。
次回作は出さずにこの作品で終わっておいてほしい、という意外な感想もあります。
という事で今作。一体どうなっていくのでしょうか!?
気になる方はぜひ映画を見てみてください!

スポンサーリンク
人気記事
おすすめの記事